ー 綿糸でつくる手織りの椅子敷き ー

Blog

2019/12/18 10:05

赤穂ギャベ展 ー 綿糸でつくる手織りの椅子敷き ー

 赤穂ギャベは、兵庫県赤穂市御崎を製作拠点としています。赤穂緞通で培われた技術に柔軟な発想を取り入れて、今の暮らしに合うように、綿糸でつくる手織りの椅子敷きを製作しています。 「赤穂ギャベ展」は初の本格的な展示会であり、岡山天満屋にて2020年1月14日(火)から 22日(水)まで開催します。伝統文様を元に図案化したもの、藍染糸の質感が楽しめるものなど中心に約20点を展示販売します。

 百年余前、赤穂ではシルクロードによって運ばれた大陸の絨毯をもとに、日本の風土に合わせ綿糸でつくられた手織りの絨毯「赤穂緞通」が生まれました。羊毛を使った手織りの絨毯ギャベは、遊牧民が日々の暮らしの中で実用品として使うために織られています。その広漠な草原や山岳地帯の光景はシルクロードを通して瀬戸内の海辺の開放感へと繋がっています。

開催日時:
2020年1月14日(火)~ 22日(水) 
各日10時 ~ 19時半 会期中休み無し

会期中のイベント
ワークショップ(要予約 → 1月14日現在:全ての日程で予約済みとなりました。ありがとうございます)
「小さなギャベの壁飾り作りワークショップ」を開催いたします。
卓上機を使って、およそ8cm四方のミニギャベ(タペストリー)を1枚制作します。
15日(水)、19日(日) 
各日2回開催(午前10時30分〜 /午後2時〜) 
定員各3名
所要時間 1時間半程度
参加費 3,300円(税込)
お申し込み:岡山天満屋5階台所用品売場
(担当:松田、野口、豊島 / Tel:086-231-7638)

会場:
岡山天満屋  
〒700-8625 岡山市北区表町2丁目1番1号
岡山天満屋 5階 
下りエスカレーター横 イベントスペース

お問い合わせ:
赤穂ギャベ(担当:佐原) 
info@akogabbeh.com